COLUMN

【撮り比べ】KODAK M35 フィルムカメラとFUJICOLOR 写ルンです シンプルエース

こんにちは。FILM PHOTO BLOG編集部のノクトン稲垣です。

monogramで「KODAK M35 フィルムカメラ(以下、M35と表記)」というフィルムカメラが発売され、気になっていたイエローを先日購入しました。「コダックといえばこの黄色!」という見た目がとても気に入ってます!

<筆者近影>

「どんなフィルムを入れようかな?」とワクワクしながらオンラインストアのサンプル写真や、詳しい仕様を見ていて気がつきました。「もしかしてFUJICOLOR 写ルンです シンプルエース(以下、写ルンですと表記)と似ているのでは!?」

実際に商品の仕様を比較できる簡単な表にしてみました!

KODAK M35 フィルムカメラFUJICOLOR 写ルンです シンプルエース
●使用フィルム35mmフィルム
(※フィルムは別売)
35mmフィルム
ISO400内蔵
●搭載レンズ プラスチックレンズ1枚
(焦点距離:単焦点 f=31mm)
プラスチックレンズ1枚
(焦点距離:単焦点 f=32mm)
●レンズ絞りF10(固定絞り)F10(固定絞り)
●撮影可能距離 1m〜無限遠1m~無限遠
●シャッター速度1/120秒1/140秒
●使用電池単4アルカリ乾電池1個使用(※電池は別売)単4形 1.5Vアルカリマンガン 乾電池内蔵

<参考>
KODAK M35 フィルムカメラ(全3色)|フィルム、写ルンですmonogram(モノグラム)
写ルンです シンプルエース(仕様) | 富士フイルム [日本]

上記のスペックを見ているとほぼ同じ!(それぞれの詳しい数値の話は今回割愛させていただきます。)「M35と写ルンですで、全く同じものを同じ時間に撮ったらどうなるのか?」気になったので、早速試してみました!

■ 使用カメラとフィルム

今回、M35と写ルンですの「写り」を比べてみたかったので、なるべく同じ条件のフィルムを使おうと考えました。

【1】写ルンですに入っているフィルムと同じISO400感度のフィルム
【2】同じメーカーである、富士フイルムのフィルム

上記の条件を満たしているフィルム、「FUJICOLOR SUPERIA PREMIUM 400」をM35に入れて撮影しました。果たして結果は!?

■ 画角(写真が撮れる範囲)

<M35>
<写ルンです>

比較すると、若干ではありますがM35の方が広く撮れていました!

■ セルフィー+フラッシュ

<M35>
<写ルンです>

自撮りに挑戦!写ルンですの方がフラッシュは強く、明るく写りました。

■ 逆光

<M35>
<写ルンです>

部屋の中から太陽を撮影。虹色の光線(ゴースト)が写るのも「プラスチックレンズ」だからこそ!
それぞれ光の角度によって写り方も変わりそうです。

■ 室内

<M35>
<写ルンです>

室内でも光の入らない場所だと、暗めの写真になってしまうのでご注意を!こういう時はフラッシュを点けましょう。

■ ぶれ

<M35>
<写ルンです>

走行中の電車の窓から撮影。梅の花なのですが、どちらも見事にぶれています!

■ 結論

いやいや〜!比べてみると「M35と写ルンです、どちらもそんなに変わらないかも」という印象でした!写ルンですのコンパクトで、写真屋さんでいつでも買える魅力もありますし、M35のフィルムが入れ換えられるのも楽しそうです。他にも今回撮影した写真をいくつか掲載しています。作例として、ぜひ参考にしてみてください!

KODAK M35

FUJICOLOR 写ルンです シンプルエース

今回のフィルム写真はすべてmonogramのソブカワさんにおまかせでデータ化してもらいました。(いつもありがとうございます!)

またM35で色々なフィルムを入れて撮ってみようと思っているので、仕上がり次第お伝えしようと思います!またね〜!

ノクトン稲垣
FILM PHOTO BLOGの編集長。口ぐせは「いやいや〜(否定ではない)」